2021年10月15日
福島運輸ニュース

国際物流総合展

国際物流総合展、本日最終日!
規模縮小バージョンですがギュッと圧縮されていて中身は濃いと感じました。
自動化に関連する展示はやはり多いですね。
来場者は多めでしたが検温、消毒とコロナ対策もしっかりされていました。

2021年3月12日
福島運輸ニュース

国際物流総合展 in 愛知

国際物流総合展 in 愛知に行ってきました。
中部国際空港にあるAICHI SKY EXPOで開催。
感染症対策を取りながらの開催の為、都内ではない事やスペースを広く取っているなど大変だろうなと感じました。
出展企業も少なめで大型出展もあまりないので少し残念ではありますが今の状況では致し方ないところかと。
内容としてはAGVの出展が増えた印象でした。
その他は、お世話になっている出展企業様とも新開発の車両についての話などが聞けて今後の検討材料ができました。
次回は10月に開催予定との事。自動化やDXに向けての情報収集を進めます。

※富士山の写真は身延線車窓から富士宮で撮影。広い裾野が迫力です。

2021年1月16日
福島運輸ニュース

型車両2台を導入しました

コントラクト・ロジスティクス・フクシマで大型車両2台を導入しました。
仕様はスタンダードなエアサス付ドライウイング車です。
弊社の取扱い温度帯のメインは低温ですがドライ(常温)帯での御要望も多数いただいております。
今回の車両もコーポレートカラーを纏ってこれから活躍していきます。

2020年11月2日
福島運輸ニュース

県央共配センターデバンニング

県央共配センターでのデバンニングの様子です。
ドッグレベラーを使用して低背フォークリフトでコンテナ内部に入れるのでドラム缶の取り降しも楽々です。
施設から車両そして配送網と一貫した物流体制を提供いたします。

2020年9月12日
福島運輸ニュース

県央共配センターのパンフレット

今年4月に稼働開始した県央共配センターのパンフレットです。
本当は皆様に持参の上お伺いしたいのですが中々動けず・・・
そろそろ本格的に再始動したいと思っていますのでお邪魔した際には宜しくお願い致します。

2020年7月30日
福島運輸ニュース

ドッグレベラーを設置

福島運輸 県央共配センター では海上コンテナのデバンニング作業の効率化の為にドッグレベラーを設置しています。
低全高の専用フォークリフトでコンテナ内まで進入できるため作業負担の軽減が可能になります。

2020年4月25日
福島運輸ニュース

正式名称は県央共配センター

白井新センターが稼働をはじめています。
正式名称は【県央共配】センターになります。
新センターのアピールポイント等も今後お伝えしていきます。

2020年4月1日
福島運輸ニュース

白井新センター稼働

白井新センター、外構工事も完了し現在冷やし込みに入っています。昨日3月31日に引き渡しを受けましたが本稼働は4月15日頃の予定です。
コロナの影響で御披露目式等は延期しておりますが状況が改善次第、御披露目式の準備を進めます。
御披露目式開催の際には是非宜しくお願い致します。

2020年2月29日
福島運輸ニュース

白井新センター

来月上旬には完成検査予定です。
その後、冷凍庫の冷やし込みをしながら外構工事と細部仕上げになります。稼働まであと少し。

2020年2月17日
福島運輸ニュース

稼働予定は4月!

冷凍庫、冷蔵庫の防熱工事もかなり進んできました。冷凍庫には移動ラックが設置されるのでその後、床の最終仕上げをして完成でしょうか?稼働予定は4月!もうすぐです。

2020年1月25日
福島運輸ニュース

外壁工事進捗状況

外壁工事もかなり進んできました。表面は庇部分の鉄骨が取り付けられイメージに近づいて来ました。裏面は外壁工事がほぼ完了し、躯体の大きさが良く分かります。建屋工事はあと少しです。

2019年12月24日
福島運輸ニュース

年内工事もあと僅か

年内工事もあと僅か。ドライ棟は外壁も付いてほぼ仕上がり足場も近いうちに取れるようです。
冷蔵庫棟は断熱工事を進めています。パネルや吹付のウレタンへの防水にかなり気を遣う作業で時間が掛かります。
接車バースのある前室はまだまだこれから。



2019年12月12日
福島運輸ニュース

白井新センター内部工事

内部工事も進んできました。断熱パネルを設置して裏側からウレタン吹付などの防熱工程に入ります。天井には釣り天井用のボルトも準備されています。

2019年11月11日
福島運輸ニュース

白井新センターが上棟

11月8日に白井新センターが上棟しました。
ここまで事故もなく進めて頂いた工事事業者の方々にお礼と感謝を込めて簡易的な上棟式を行いました。
外壁、防熱と工事はまだまだ続きますがご安全にとの気持ちを込めて御幣をお祀りして頂きました。
稼働予定は来春、4月頃を予定していますが進捗をお伝えしていきます。

2019年10月16日
福島運輸ニュース

台風19号

山梨県でも台風により交通網が寸断されて物流に影響が出ています。中央高速と国道20号の不通は影響大きく、迂回路で東方面に向かいますが渋滞がひどく時間が掛かります。
復旧に向けて関係各所が頑張ってくれていますので今は待つのみです。
建て方も順調に進み立体的になってきました。手前はドライ棟の基礎工事です。

2019年9月23日
福島運輸ニュース

新センターの基礎工事

新センターの基礎工事が大詰めです。
埋め戻し工程も完了が見えてきました。検査を経て、鉄骨が入れば建て方工程が開始されます。
段々と形が見えてきました。

2019年9月12日
福島運輸ニュース

グリーン経営認証を10年間継続

グリーン経営認証を10年間継続し、認証永年表彰状と専用ゴールドステッカーを戴きました。
グリーン経営のHP上には10月更新分で掲載されます。
車両への貼付けは随時行って行きます。

2019年9月9日
福島運輸ニュース

グリーン経営認証の更新審査が完了しました

グリーン経営認証の更新審査が完了しました。問題なく更新です。
今回は継続10年との事で永年登録事業所として表彰やグリーン経営HPへの掲載があるそうなので、詳細が分かり次第FB上で報告させて頂きます。
今後も継続出来る様に社内全体で取り組んで行きます。

2019年7月15日
福島運輸ニュース

説明看板設置しました

何を作ってるの?との問い合わせが現場事務所に入るそうなので近くに説明看板を立てて頂きました。完成予想図も付いているので伝わるでしょうか。
現場も杭打ち真っ盛り。もう少しで終了し、次工程に入りそうです。

2019年6月24日
福島運輸ニュース

白井新センター建設工事

白井新センター(仮)の建設工事が動き出しました!
杭打ち機の組み立てが開始されたので近日中には杭打ち工事が始まります。これから工事の進捗を随時掲載していく予定です。本稼働の来年3月まで、宜しくお願い致します!

2019年5月27日
福島運輸ニュース

フォークコンテスト

アサヒロジスティクス株式会社様とアサヒパートナーズ会様主催のドライバー・フォークコンテストがアサヒロジスティクス株式会社様の滑川福田研修センターで開催されました。
今年はドライバー4t部門に2名・フォーク部門に2名の計4名での参加。
結果は4t部門で7位・フォーク部門で4位に入賞し日頃の成果を示すことが出来ました。
おめでとうございます。
(参加者はもっと上位に行けるはずと悔しがっておりますが・・・)
次回以降も積極的に外部研修会に参加し技術と意識の向上を図りたいと思います。

ドライバー・フォークオペレータの良い経験の場を設けて頂いたアサヒロジスティクス株式会社様とアサヒパートナーズ会様には御礼申し上げます。ありがとうございました。

2019年4月1日
福島運輸ニュース

新年度スタート

新年度スタートです。物流業界も構造変動が激しいですが魅力的業界にするチャンスでもあります。
業界全体で進めて行きたいですね。
福島運輸グループも魅力を高める為に頑張って行きます!

2018年11月26日
福島運輸ニュース

大型冷凍車が納車されました

コントラクト・ロジスティクス・フクシマに大型冷凍車が納車されました。計5台を導入し内2台が納車完了、年末までには全車納品完了を予定しています。
フルモデルチェンジによりルックスだけでなく乗り味も変わっている様です(値段もアップ!)
後はデジタコやドライブレコーダーの備品を取り付けて運行開始です。

2018年11月6日
福島運輸ニュース

冷凍軽貨物車両のマーキングが完成しました

コントラクト・ロジスティクス・フクシマ登録の冷凍軽貨物車両のマーキングが完成しました。

やはりコーポレートカラーの青一色から雰囲気が変わり、これぞ!という外観に変身しました。
記念すべき1号車。運用開始です!

2018年10月29日
福島運輸ニュース

アシストスーツ試着体験会に行って来ました

UPR株式会社様主催のアシストスーツ試着体験会に行って来ました。
参加者もかなりの人数でアシストスーツに対する注目度の高さを感じました。

半信半疑のまま動力タイプから無動力のサポートタイプまで各種を体験しましたが、サポートタイプでも効果を実感出来ました。実業務で使用する事により長期的に体の負担を大幅に軽減できると思います。

写真は無動力のサポートジャケットを装着した状態です。
実際に中腰になり荷物を動かす動き(上げ下げや横移動)をしましたが腰のあたりを天井からワイヤーで吊られている様な感じで腰負担が軽減されるのが分かりました。

動力タイプのアシスト力はかなり強く効果的ですが万能ではなく使いどころを限定されると感じました。重量物や農業など長時間中腰になる環境には効果が高いです。(価格も高いですが・・・)

映画に出てくるような持ち上げる力を増やすパワースーツでは無くあくまでも腰の保護を目的としたサポートですがこれからの物流業には欠かせない物になるでしょう。
無動力のサポートジャケットは使い勝手も良く価格も導入しやすい価格帯です。
弊社ではサポートジャケットの導入に向けて社内モニターから始める予定です。

2018年10月22日
福島運輸ニュース

冷凍軽貨物車両が納車されました

冷凍軽貨物車両が納車されました。まだコーポレートカラーの青一色ですが後日、ロゴマークなどを入れて見慣れた外観に変身します。

登録はコントラクト・ロジスティクス・フクシマで配送コースの効率化やドライバーの時間短縮、弊社ドライバーの独立支援等の実験運用に使用します。まだまだ方向性が定まっていませんが良い結果が出てくれば導入台数を増やしていく事も考えています。
今まで見掛けなかった小さい福島運輸トラックが走り出します。

2018年10月8日
福島運輸ニュース

アシストスーツの導入を検討

アシストスーツの導入を検討しています。

作業者の負担軽減を目的に探していますが動力付きで重量負荷軽減が可能なタイプから無動力のサポートタイプまで色々な機種が有ります。

それぞれ一長一短あるので作業内容に合わせる必要は有りますが非常に効果的だと思います。
今月はUPR様で体験会も有るので実際に試着して効果を試してきます。
非常に楽しみです。

(写真は物流機器レンタルのUPR様サイトから)

2018年9月10日
福島運輸ニュース

国際物流総合展2018

9月11日から開催なので行って来ます。

最近の労働力不足に対する自動化、省力化や働き方改革に対する高効率化を視野に入れた出展が多数あり楽しみです。弊社も高効率化を目指しているので情報収集をしてきます。