2018年11月26日
福島運輸ニュース

大型冷凍車が納車されました

コントラクト・ロジスティクス・フクシマに大型冷凍車が納車されました。計5台を導入し内2台が納車完了、年末までには全車納品完了を予定しています。
フルモデルチェンジによりルックスだけでなく乗り味も変わっている様です(値段もアップ!)
後はデジタコやドライブレコーダーの備品を取り付けて運行開始です。

2018年11月6日
福島運輸ニュース

冷凍軽貨物車両のマーキングが完成しました

コントラクト・ロジスティクス・フクシマ登録の冷凍軽貨物車両のマーキングが完成しました。

やはりコーポレートカラーの青一色から雰囲気が変わり、これぞ!という外観に変身しました。
記念すべき1号車。運用開始です!

2018年10月29日
福島運輸ニュース

アシストスーツ試着体験会に行って来ました

UPR株式会社様主催のアシストスーツ試着体験会に行って来ました。
参加者もかなりの人数でアシストスーツに対する注目度の高さを感じました。

半信半疑のまま動力タイプから無動力のサポートタイプまで各種を体験しましたが、サポートタイプでも効果を実感出来ました。実業務で使用する事により長期的に体の負担を大幅に軽減できると思います。

写真は無動力のサポートジャケットを装着した状態です。
実際に中腰になり荷物を動かす動き(上げ下げや横移動)をしましたが腰のあたりを天井からワイヤーで吊られている様な感じで腰負担が軽減されるのが分かりました。

動力タイプのアシスト力はかなり強く効果的ですが万能ではなく使いどころを限定されると感じました。重量物や農業など長時間中腰になる環境には効果が高いです。(価格も高いですが・・・)

映画に出てくるような持ち上げる力を増やすパワースーツでは無くあくまでも腰の保護を目的としたサポートですがこれからの物流業には欠かせない物になるでしょう。
無動力のサポートジャケットは使い勝手も良く価格も導入しやすい価格帯です。
弊社ではサポートジャケットの導入に向けて社内モニターから始める予定です。

2018年10月22日
福島運輸ニュース

冷凍軽貨物車両が納車されました

冷凍軽貨物車両が納車されました。まだコーポレートカラーの青一色ですが後日、ロゴマークなどを入れて見慣れた外観に変身します。

登録はコントラクト・ロジスティクス・フクシマで配送コースの効率化やドライバーの時間短縮、弊社ドライバーの独立支援等の実験運用に使用します。まだまだ方向性が定まっていませんが良い結果が出てくれば導入台数を増やしていく事も考えています。
今まで見掛けなかった小さい福島運輸トラックが走り出します。

2018年10月8日
福島運輸ニュース

アシストスーツの導入を検討

アシストスーツの導入を検討しています。

作業者の負担軽減を目的に探していますが動力付きで重量負荷軽減が可能なタイプから無動力のサポートタイプまで色々な機種が有ります。

それぞれ一長一短あるので作業内容に合わせる必要は有りますが非常に効果的だと思います。
今月はUPR様で体験会も有るので実際に試着して効果を試してきます。
非常に楽しみです。

(写真は物流機器レンタルのUPR様サイトから)

2018年9月10日
福島運輸ニュース

国際物流総合展2018

9月11日から開催なので行って来ます。

最近の労働力不足に対する自動化、省力化や働き方改革に対する高効率化を視野に入れた出展が多数あり楽しみです。弊社も高効率化を目指しているので情報収集をしてきます。

2018年9月3日
福島運輸ニュース

白井新センター

現在設計中の白井新センター。
効率化・省力化を目指す低温センターを設計しています。稼働開始は来年秋の予定です。

2018年8月20日
福島運輸ニュース

パレットを新規購入

業務拡大、効率化に伴いパレットを新規購入しました。

弊社コーポレートカラーの 青 をベースに各面に社名を刻印しています。3温度帯での使用を考えて作ったので重さと強さのバランスも良く、各業務に長く貢献してくれるでしょう。

2018年8月6日
福島運輸ニュース

トラック用大型洗車機

トラック用大型洗車機の入れ替えが完了しました。

故障して修理が利かなくなったための代替えです。
基礎工事の必要が無いと撤去から設置・調整まで2日間!あっという間です。
これでドライバーさんの負担を減らしながら食品輸送にふさわしい清潔な車両を維持できます。
新しい洗車機はとっても静か!そして節水仕様で環境にも優しい仕様です。

トラック用大型洗車機_2

2018年7月30日
福島運輸ニュース

冷凍冷蔵倉庫の床面

弊社の冷凍冷蔵倉庫の床面。

以前はコンクリートに表面処理だけでしたが劣化により表面処理が無くなりコンクリート面が出ていました。
フォークリフトのタイヤ粉やコンクリート粉がお客様の商品に付着する可能性も有り、又、弊社従業員の健康面に影響が出る事も考慮し床面のリペアとハードコーティングを行いました。

スクラバーでの掃除効果もあり、タイヤ粉などの付着も無く安全な作業環境を整える事が出来ました。
相乗効果として床面の反射により庫内の照度が上がり、より作業がやり易くなっています。

2018年7月23日
福島運輸ニュース

物流ロボットシステム見学会

協栄産業様主催の物流ロボットシステム見学会にお邪魔しました。

基本はデジタルピッキングですがピッカーの所に保管棚が動いてくる。動線が圧倒的に短くなり生産性が上がり、省力化・省人化が進みます。このシステムの肝は棚を運んでくるロボットで、棚だけでなくパレット単位の移動やマテハンのアソート等オプションにより様々な働きが出来るようです。

ロボットの見た目はお掃除ロボットが大きくなった感じですがスピード感も有り生産性は高そうです。多品種多量出荷にはとても相性が良いと感じました。

2018年7月16日
福島運輸ニュース

アイメッセ山梨に行って来ました

7月12日(木)アイメッセ山梨に行って来ました。

目的は山梨県内のシステム開発企業Yske-com様主催のソリューションフェア。
弊社が導入を検討しているRPA(ロボティックプロセスオートメーション)のセミナーやセキュリティーの展示を目的に会場内を見学し情報収集させて頂きました。

多数の展示を見る中で業務効率化に対する色々なアイデアが浮かび、有意義な時間となりました。

2018年7月9日
福島運輸ニュース

幹部セミナーを毎月開催しています

弊社では外部講師を招いての幹部セミナーを毎月開催しています。

外部講師は HIプランニング岩崎仁志先生です。
受講生の成長に応じた内容で組み立てて頂き幹部メンバーもステップアップしていきます。

2018年7月2日
福島運輸ニュース

7t車5台、納車されました

7t車5台、納車されました。
単純な代替えでは無く、配送の高効率化を考えての導入です。

3t車両ではバラ積みや往復回数の増加の軽減が難しいですが、7t車にする事でパレット積みによる積込み時間短縮、センターへの空戻り回数の削減が可能となります。また、ドライバーへの負担も軽減でき、働き方改革の一環として考えています。

既存業務だけでなく新規業務にも柔軟に対応できる仕様として導入しておりお客様の「どうしたら?」にもお答えできる車両となっています。

2018年6月18日
福島運輸ニュース

デジタルタコグラフ一体型ドライブレコーダーを採用しています

株式会社福島運輸では安全運行対策としてデジタルタコグラフ一体型ドライブレコーダーを採用しています。前方・後方・左方・運転室内を写す事でもしもの場合の原因究明やヒヤリハット事例によるドライバー教育に活かしています。

多機能、高機能な機器でデータはクラウドにより外部サーバーに保管されドライブレコーダーの映像はほぼリアルタイムで確認できます。(事故以外に道路状況の確認にも活用)

2018年6月4日
福島運輸ニュース

大風量低速回転大型FAN

福島運輸物流センターに設置してある大風量低速回転大型FAN(HVLSファン)。

山梨県という土地柄、夏場の気温が高く常温倉庫の作業環境は良くありませんでした。従業員の負担を少しでも軽く出来たらと考え、昨年1基を設置し運用しましたが、従業員の皆さんからも好評で追加の要望も有った為、今期2基を追加設置して合計3基での運用を開始しました。

予想以上の風量も有り作業環境の改善も期待できます。

2018年5月28日
福島運輸ニュース

ドライバー・フォークマンコンテストに参加しました

ドライバー・フォークマンコンテストに参加しました。

アサヒロジスティクス株式会社、アサヒパートナーズ会様のご好意でアサヒロジスティクス株式会社様社内イベントのドライバー・フォークマンコンテストに毎年参加させて頂いています。

参加者3名、良い経験が出来ました。この経験をこれからの業務に活かしてくれると思います。

2018年5月23日
福島運輸ニュース

ドライバー・フォークマンコンテストに参加します

5月23日(水)に行われるアサヒロジスティクス株式会社様主催のアサヒパートナーズ会ドライバー・フォークマンコンテストに参加します。今年度参加のドライバーによる日常点検の練習風景です。

過去の参加者からの指導もあり皆本気で取り組んでいます。せっかく参加するので入賞を目指して頑張っています。

2018年5月18日
福島運輸ニュース

福島運輸サービスをご利用のお客様をご紹介「株式会社かいや」

福島運輸では株式会社かいや様の商品の保管から輸送までを一貫してご依頼頂いています。
代表商品の「黒鮑煮貝」は日本ギフト大賞を受賞し、山梨を代表するギフト商品として抜群の知名度を誇ります。

海の幸を山の知恵で・・・煮貝は江戸時代より栄養価とたぐいまれなる滋味は甲州の人に愛されてきました。独自の製法で豊潤で濃厚な味わいをかいやさん独自の製法により再現した煮貝は多くのファンを抱えます。

大切な方への贈り物、そしてご自身へのご褒美としてもぜひお買い求めください。

株式会社かいや http://www.the-kaiya.com/
〒400-1508 山梨県甲府市下曽根町3330-1
かいや公式オンラインストア

2018年4月24日
福島運輸ニュース

BCPの一環として安否確認サービスを導入

BCPの一環として安否確認サービスを導入しました。

大規模災害発生時には携帯電話の通話回線は自衛隊、警察、消防などに優先され個人の通話はほぼ不可能となります。ただしデータ通信は可能なのでデータ通信帯域を使って登録者のスマホアプリやメールで安否確認のやり取りが出来ます。

導入目的はBCPとしての一面も有りますが従業員の御家族への安心感にも繋がると考えます。本来の使用目的(災害発生)が無い事が一番ですが備えとして導入をしました。
通常時は情報配信ツールとしても使用できるので有効活用を進めます。

現在は運用前の最終調整中です。5月中には運用が開始出来る予定です。

2018年4月10日
福島運輸ニュース

福島運輸グループの2018年度スローガンが決定しました!

福島運輸グループの2018年度スローガンが決定しました!

グループ従業員の皆さんが応募してくれた沢山の作品の中から優秀賞に選ばれた作品はこちら!

心掛け、一つで変わる好印象!

選考理由には従業員の態度一つで会社の顔(印象)が良くも悪くもなる。
普段から意識して行きたい。等、従業員全員が会社に関わっているといった内容が多かったです。

佳作にも4作品が選ばれました。来年度も今年以上の盛り上がりを楽しみにしたいと思います。

2018年4月5日
福島運輸ニュース

福島運輸サービスをご利用のお客様をご紹介「株式会社平井屋」

福島運輸の共同配送サービスをご利用頂いている株式会社平井屋さんをご紹介します。

明治35年創業以来、富士山の湧水と厳選された素材を使用した生麺等こだわりの麺を製麺。風味豊かな平井屋さんの麺は日本全国で多く方に愛されています。
名物料理として名高い「ほうとう」をはじめ、近年人気の高い「よしだのうどん」等、山梨県の麺文化は今注目されています。平井屋さんの公式ウェブサイトでは麺の由来や詳しい料理レシピも掲載しているのでぜひ、平井屋さんの公式ウェブサイトをご覧ください。

 

株式会社平井屋 http://hiraiya.jp/
〒403-0022 山梨県南都留郡西桂町小沼1409

2018年4月5日
福島運輸ニュース

福島運輸サービスをご利用のお客様をご紹介「有限会社 黒富士農場」

当社の共同配送サービスをご利用頂いている黒富士農場さんは標高1100mにある自然豊かな農場です。

黒富士農場さんの自然循環農法を取り入れたこだわりの卵は内閣総理大臣賞をはじめ数々の賞を受賞、またテレビ、雑誌など多くのメディアで紹介されています。
養鶏では取得が難しいとされている「有機JAS」を養鶏所として日本で初めて取得、本当においしい卵は、幸せな鶏から生まれるをモットーに「豊かな自然環境」「放牧」「天然湧水」とどれも鶏にとって最適な環境で卵を生産しています。
飼育環境、水、飼料、飼育方法全てにこだわって生産した美味しい卵をぜひ一度ご賞味ください。黒富士農場さんの卵は山梨県内の直売所、通信販売でご購入できます。

有限会社 黒富士農場 http://www.kurofuji.com/
〒400-1121 山梨県甲斐市上芦沢1316

2018年3月6日
福島運輸ニュース

山梨県甲府市に新たな物流拠点を「2019年春福島運輸マザーデポ完成予定!!」

 

福島運輸株式会社は中央自動車道・甲府南インターチェンジ、新しく開通した笛吹八代スマートIC近くにマザーデポセンターを新設します。当センター最大の特長は常温、冷蔵、冷凍の3温度帯に対応し、24時間・365日休まず稼働。
関東と中京、甲信越地域を結ぶ物流の拠点となることを目指します。2017年11月に着工開始し、2019年5月頃完成予定です。